閉じる
MENU
検索

自学自習・自由学習館

快適な学びの環境の中で、多くの生徒が学習に取り組んでいます。

生徒の為の学びの環境「自由学習館」

生徒の為の学びの環境「自由学習館」(Freedom Learning Manor House)
生徒の受験学習、読書・調べ学習、予習・復習等の生徒一人ひとりの学習スタイルに応えます。

自由学習館~3つの学習室(総面積:1616㎡ 総席数:410席 総蔵書冊数:24863冊)~の機能と役割。

自学自習学習室
本館

面積:1361.1㎡/席数:286席/学習参考書等蔵書冊数:2677冊
  • 日常授業で学んだ事柄を、確かな知識とするために整理し確認をしながら、多角的視点から深く調べる「自学自習」「自調自考」のための学習室
  • 1学期から3学期の7限・8限と長期休暇期間(夏期・冬期・春期)に年間を通して実施する進学指導講習「J・スクール」の学習の拠点
自学自習学習室

予習・復習学習室
生徒ホール/2号館2階

面積:91.5㎡/席数:82席/蔵書冊数:4372冊
  • 中学、高校の職員室に近く、教科担当教員の指導のもとで日常授業の予習・復習による確実な学習向上のための学習室
  • 教員と生徒との面談による信頼関係を構築し、生徒の学習意欲を醸成するための学習室
予習・復習学習室

読書・調べ学習室
別館/3号館1階

面積:163.4㎡/席数:42席/蔵書冊数:17814冊
  • 3号館1階にあり、読書や情報を活用して、自らの課題を、主体的に解決する資質や能力を育成するための学習室
読書・調べ学習室

「見える化」。毎日、どこでも「公開授業」。

実践学園は、教室の「見える化」で開放感のある教育環境となり、教員相互のより高度な授業への取り組み内容の確認や保護者による授業参観がいつでも可能です。また「校舎全体を教室に」を目的に、全校舎の「廊下壁のホワイトボード化」を実現し、教室外の廊下においても教員と生徒が勉強できる設備を整えました。これにより、生徒へのメッセージ、伝達事項など必要情報の伝達ができます。さらには職員室前の「ふれ合いコーナー」では、生徒からの質問や対話が図られ、より深い信頼関係を築くことができます。

見える化
どこでも「公開授業」
2階から3階にひな壇状の開放感のあるラーニングテラス。
フリーダムホールでは、講演会や総合学習も行います。
日本建築大賞2013 受賞!

自由学習館は、日本の教育界においてこれまでに無い斬新な学習施設であり、またそれを活用した学園の取り組みが評価され、日本建築大賞を受賞しました。

夏休みも日曜日も毎日開館。生徒の利用人数は毎年増え続けています。

Interview

在校生 2年(特進コース)
宮地くん
塾には行かず整備された学習環境をフルに有効活用して受験に臨めます。

外部予備校講師による「J・スクール」は、英・国・数の主要3教科が必須で、希望によりトップレベルの講座が受講できます。さらに長期休暇中にも「J・スクール」があり、学校に有名塾や予備校がある感覚です。家には弟妹がいるので、より集中できる「自由学習館」も、テスト前を中心によく利用します。自分のペースとスタイルでこのまま受験に臨もうと思います。

卒業生 早稲田大学
文化構想学部 
髙橋さん
「生徒ホール」にいつもステイして、 学校に家庭教師がいるみたいでした。

「J・スクール」は、通常期も長期休暇中もめいっぱい受講しました。職員室が近く質問がある場合すぐ先生を呼べるので、自習はもっぱら「生徒ホール」派でした。先生を占有できて、まるで家庭教師が学校にいるみたいでした。授業の予習復習をコツコツ積み重ねているうちに、受験が終わったという感じです。実践学園だからこその貴重な体験の数々、総代を務めた卒業式では、卒業生の総意としての感謝を一礼に込めたつもりです。

卒業生 慶應義塾大学
総合政策学部
木村くん
高3で文理から特進コースへ変更。学習意識の高い仲間の影響で偏差値アップ。

高2のオープンキャンパスで慶應か早稲田に進みたいと思うようになりました。「J・スクール」と塾を併用しながら勉強を始め、高3で「文理コース」から「特進コース」へと変更しました。自分より学力が上のクラスメイトと一緒に学ぶことで、とてもいい影響を受けたと思います。「自由学習館」のヘビーユーザーで、お正月も含め塾のない日は必ず利用していました。実は、入学時の偏差値は文理コースの下から3番目でした。高校生活は長いです。入学時の偏差値で志望校を決めないでください。

Return to Top ▲Return to Top ▲