資料請求

学校紹介

校長挨拶

進学校の実現から
次のステージへ

実践学園中学・高等学校校長 内藤 彰信

実践学園中学・高等学校校長 内藤 彰信

グローバルな変革の中で
活躍できる人材の育成

 現在の私たちを取り巻く環境は、誰も予測の出来ないものに急速に変化しています。しかも地球規模のグローバルな大変革です。特に人工知能AIの進歩は、人類にとっての新しい探検、冒険です。恐らく人類がそれまで恐れていた火を採ったことに匹敵する一大事ではないでしょうか。

 このように予測もできない時代を生きてゆくためには、どんな力が必要とされるのでしょうか。これまでの知識や経験では到底対応できません。しかし、このことが、私たち一人ひとりが自ら考え判断していかねばならない最も大きな理由であり、課題でもあるのです。それには、周囲の人達の支えと協力を得ていかねばなりません。グローバル社会では、世界中の多様な人々と協力しながら新たな価値を創造していくことが求められます。

 この先行き不透明な時代の教育に求められるものは、グローバルな変革の中で活躍できる人材の育成です。「知識活用力」「語学力」「コミュニケーション力」「問題解決力」などが必要と言われています。実践学園では、未来を創出する新たな「学び」を推進することで、グローバル社会を見据えた新しい教育を実践しています。

 しかし、どのような時代になろうとも普遍的に必要な力は、豊かな人間性と高い倫理観・道徳心ではないでしょうか。実践学園は、「豊かな人間味のある人材の育成」を教育理念としており、人間性に富み、高い倫理観と道徳心を持ち、志を高く持った国際感覚に優れた人材を育ててまいりました。

 実践学園には、皆さんの自己実現をサポートする施設、学校行事、課外活動が揃っています。そして、学園のすべての教育プログラムが、皆さんの一人ひとりの成長につながるように、教職員が全力でサポートしてまいります。

pagetop