閉じる
MENU
検索

OB・OGの声

卒業生からのメッセージをご紹介しています。

Interview

卒業生 東京工業大学
第7類
辻村くん
志望校・学部を早めに決め点数配分を調べて、配分の多い科目に力点を置くべきです。

高2までは「J・スクール」を必修講座だけ受講し、定期テスト前に集中する程度でした。3年になって、数学の配点が高い東工大入試に向け、数学に力点を置いた勉強をしました。志望校・志望学部によって点数配分は異なるので、目標を早めに設定し配点に見合った勉強シフトが大切だと思います。受験直前の2月に疲れが出てスランプに陥りましたが、読書や昼寝で息抜きをしたら、再びスムーズに問題が解けるようになりました。受験勉強は長丁場です。飽きたり疲れ過ぎない工夫が必要です。

卒業生 慶應義塾大学
文学部
藤平くん
有名予備校の講義を少人数で受講できる「J・スクール」は予備校の上をいく環境。

大手予備校の講師を招いて開講される「J・スクール」は、講師の優秀さはもちろん、予備校本校の授業より人数が格段に少ないため、個別の質問もその場で解説、様々な相談にも丁寧に対応してくれます。受験勉強中はメンタル面も不安定になります。少人数の「特進コース」では担任の先生との距離が短く、身近に寄り添い支えてくれました。ポジティブな同級生にいつもモチベーションを上げてもらい、無事志望校に合格できました。

卒業生 東京学芸大学
教育学部
藤田くん
サッカー実技の“スーパーアスリート推薦入試”、自分に合った入試の学部を探り当てよう。

クラブチームでサッカーを続け、子供に教える機会がある度に楽しくて、将来は小学校の体育教師になろうと決めていました。高1の夏にサッカーの実技と小論文・面接の“スーパーアスリート推薦入試”が学芸大にあることを調べ、以来、学校推薦をもらうため、授業の予習・復習を中心に「J・スクール」もフル活用しました。普段の勉強の延長線上に受験があったという感じです。自分の適正に合った入試スタイルの学部を、なるべく早く探り当てることが、合格への近道ではないでしょうか。

卒業生 国際基督教大学
教養学部
石井さん
実践学園に入学していなければ受験に失敗していたかもしれません。

高2の秋頃から7時に登校し生徒ホールで早朝自習、放課後は「自由学習館」で閉館まで勉強する毎日を続けました。塾や予備校には一切行かず、「J・スクール」を学期中も長期休暇中も積極的に受講しました。互いに切磋琢磨して向上しようとする「特進コース」の雰囲気が、私にはとても合っていて、実践学園でなければ受験に失敗していたかもしれません。受験勉強には我慢がつきものです。辛い時は春の自分をイメージするように心掛けたことで、毎回前向きに取り組めました。

卒業生 立教大学
法学部
藤城さん
「英語クラス」を選んだこと、身近な目標を設定し達成感を重ねることができたこと。

文系では英語の配点が最大です。「英語クラス」での2年間で、“英語が苦手科目から得意科目に変わったことが最大の勝因だったと思います。私はとてもストイックで、携帯を持たずTVも観ず、早朝の通学電車内で、7時に登校して教室で、放課後は「自由学習館」で7時まで勉強という毎日でした。何分以内、何語以上など、具体的な目標をクリアし達成感を積み重ねることで、継続できたのだと思います。予備校講師による「J・スクール」もフル活用。無料の上、予備校より人数が格段に少ないので、質問や相談も気軽にできました。

卒業生 中央大学
総合政策学部
沖江くん
「英語クラス」で数少ない男子でしたが、英語に特化した勉強で受験に臨みました。

国連職員を目指している為、高2から「英語クラス」に進みました。男子が2名で初めは馴染めませんでしたが、必修の2週間のアメリカ語学研修で打ち解け、英語力も女子力も急速にレベルアップしました。帰国後、志望を国際関係が学べる学部に絞り、得意な科目を伸ばそうと「J・スクール」では英語を積極的に受講、予備校にも通いました。受験では勉強量が絶対ですが、授業の予習・復習で基礎を固めていくことで、センター試験でGMARCHレベルは取れます。日々の積み重ねで挑戦してください。

Return to Top ▲Return to Top ▲