閉じる
MENU
検索

NEWS & TOPICS

2018年 オーストラリア短期語学研修のブログ2018/7/25

【オーストラリア語学研修14日目】8月6日(月)

一昨日、昨日と最後の週末をホストファミリーを過ごし、いよいよホストファミリーとの別れの朝を迎えました。各ホストファミリーに車等で学校まで送ってもらい、最後の別れをしてゴールドコーストに向かうバスに乗り込んでいきました。出発時間が迫ると別れを惜しんで涙を流す姿が多く見られ、いかに充実した時間を過ごすことができたのかが伝わる、感動的な場面でした。バスでの数時間の移動を経て、本日宿泊するWatermark Hotel に到着し、夕食の時間まで各自でホテル周辺を散策して最後のお土産を購入していました。このホテルはSurfers Paradise というリゾート地の中にあり、多くの日本人観光客の姿が見られました。明日は日本に帰国します!

 

 

【オーストラリア語学研修11日目】8月3日(金)

本日はVictory Collegeでの研修最終日でした。朝は全校集会が開かれ、日本語によるスピーチや様々な演舞を披露してくれました。本校の生徒もお別れのスピーチをおこないました。
集会後は夕方のFarewell Partyのための買い出しに行き、皆で協力して50人分の料理を作りました。
Partyでは校長先生からのお言葉をいただき、各生徒にプレゼントが渡されました。こちらからは、スピーチとダンスを披露し、会場が温かい空気に包まれました。オーストラリアの生徒たちもダンスを披露してくれると、その後はオーストラリアと日本の生徒が入れ乱れるダンスパーティーとなり、生徒達はおおいに楽しんでいました。このような会を催してくれたVictory Collegeの温かいもてなしに、感激させられた一日でした。

 

【オーストラリア語学研修10日目】8月2日(木)

明日は集会やFarewell Party があるため、現地の生徒の授業に出るのは今日で実質最後でした。
午後は2時間連続で日本語の授業に参加し、現地の生徒と協力して問題を解いていく時間や、
現地の生徒にお箸の使い方を教えてあげる時間などがあり、有意義な交流ができました。
明日はいよいよVictory Collegeで過ごす最後の日となります。お世話になった人たちへの
感謝の気持ちを持って一日を過ごしたいと思います。 

 

【オーストラリア語学研修9日目】8月1日(水)

本日はスクールバスでEumndi Marketsという大きなマーケットに行き、買い物をして食事をとりました。
世界中のものが売られている大きなマーケットで、日本食のお好み焼きも売られていました。
昼食後はNoosa Parkという大きな自然公園に行き、壮大な景色を再び見ることができました。
帰りのバスではほとんどの人が寝ており、旅の疲れが見えてきました。Victory Collegeに登校するのは
残り2日です。体調に留意しながら最後まで頑張りましょう!

 

【オーストラリア語学研修8日目】7月31日(火)

本日は朝、金曜日のFarewell Party に向けた招待状作りをおこないました。お世話になった先生方や、ホストファミリーに向け、各自で工夫しながら心を込めて作りました。その後、幼稚園生の教室にも行き、折り紙を教えたり、一緒に遊んであげたりしました。さらに、Buddyの授業にも一緒に参加するなど、大忙しの午前中でした。また、本日は学校全体の避難訓練もおこなわれ、本校の生徒たちも現地の生徒とともに、グラウンドへ避難をしました。午後は朝作った招待状を先生に渡したり、Farewell Party で振舞う料理の献立作りをしたりしました。Victory College での研修も終わりが見えてきてしまいました。残り数日間を無駄にしないように、ますます積極的にコミュニケーションをとるように心がけましょう!

【オーストラリア語学研修7日目】7月30日(月)

週末は各ホストファミリーにいろいろな場所に連れて行ってもらい、充実した2日間であったようです。本日はスクールバスに乗って、学校から1時間ほどの距離にあるRAINBOW BEACHを訪れました。まず始めに駐車場から10分ほど林の中を歩いたところにある砂丘に行き、崖の上からRAINBOW BEACHを一望しました。あまりの壮大な眺めに言葉を失いました。その後ビーチの近くで昼食をとり、いよいよビーチに下りました。現地のドライバーがこんなに水が澄んでいてきれいなRAINBOW BEACHを初めて見た、というほど美しい眺めでした。早くも研修の後半戦に入りました。一日一日を大切にしながら、更に有意義な研修にしていけるようにしましょう!

 

【オーストラリア語学研修4日目】

本日は朝からスクールバスに乗って、KIAH PARKという大きなキャンプ場に行きました。広大な土地の中で、牛の乳搾り、バター作り、乗馬、投げ縄、ブーメランなど、多くの体験をおこないました。乗馬は皆初体験だったようで、最初は悪戦苦闘していましたが、最後には降りるのが名残惜しくなるくらい、馬と一体になって楽しんでいました。昼食は森の中でキャンプファイヤーを焚き、ホットドッグやダンパーとよばれるパンを焼いて食しました。日本ではなかなかできない体験に一同大満足でした。

【オーストラリア語学研修3日目】

本日は午前中に小学生の授業に参加させてもらいました。Victory Collegeには日本語の授業もあり、日本語の授業に参加した本校の生徒は先生役として活躍していました。日本語を勉強しているということもあり、本校の生徒が校内を歩いていると、あちらこちらから「こんにちは~!」という声が聞こえてきます。炎天下の中の体育の授業にも参加させてもらったせいか、午後には少し疲れが見えましたが、日に日に積極性が増してきたように思います。明日は牧場に行き、乗馬やバター作りを体験させてもらいます。

 

 

 

【オーストラリア語学研修2日目】

昨晩は皆ホームステイ先で快適な時間を過ごせたようで、すっかり疲れが取れた様子で登校して来ました。ただ、ギンピーの朝は予想以上に寒く、セーターにブレザーという服装でも寒く感じられました。本日は午前中に学校の施設見学とレクリエーションを行い、午後はBuddy(担当の現地生徒)とともにそれぞれのBuddyの授業に参加させてもらいました。Victory Collegeは25ヘクタールという広大な敷地の中で小学生から高校生までが勉強をしており、3つのグラウンドや小さな農場まであります!

11時からのMorning teaの時間と13時からのLunchの時間の2回食事を取る時間が設けられており、食事の時間は本校の生徒たちは常に現地の生徒に囲まれていました。午後の授業では、苦労しながらも懸命にコミュニケーションを取ろうとする姿勢が見られました。

 

【オーストラリア語学研修初日(7月24日)】

一同緊張の中、約9時間のフライトを無事終え、ゴールドコースト空港に到着しました。オーストラリアは現在冬なので、記録的な暑さの日本に比べると天国と呼べるほど快適な気温です。しかし、日差しが強く、紫外線の量は日本の5倍だそうです。ゴールドコースト空港からバスに乗り換え、4時間ほど北に移動してようやく最終目的地の研修先、ビクトリーカレッジにたどり着きました。そこでお世話になるホストファミリーの熱烈な歓迎を受け、それぞれの家庭に引き取られていきました。明日からいよいよ授業が始まります。チャレンジ精神を忘れず、日々成長できるように頑張っていきましょう!長い1日お疲れ様でした。

 

 

Return to Top ▲Return to Top ▲