閉じる
MENU
検索

高等学校教育

生徒一人ひとりの希望に応える4コース制

高等学校教育

本学園では、今年度より従来の2コース制をさらに2コース新設し、4コース制としました。これにより、生徒一人ひとりの自己実現に応える、より丁寧な指導をすることが可能となりました。
それぞれのコースでは進路目標に合った「学習計画表(実践学園独自のシラバス)」を基に、大学入試制度改革に対応する「先取り教育」を核とした高いレベルの日常授業を行っています。
これらの日常の授業と「J・スクール」、「勉強合宿」、「入試問題研究会」等の様々な受験対策を組み合わせて進めることにより、難関大学合格に必要な文系・理系の垣根を超えた高い知識と学力を養います。また生徒が自ら課題を見つけ、思考・判断し、一人ひとりの生徒がそれぞれ自分の目標を目指して主体的に学習を進めることができる力を育成します。
本学園での高いレベルで取り組む戦略的進学指導対策は、「知識・技能」だけでなく、2020年からの大学入試新テストで求められる「思考力・判断力・表現力」を高めるための学力向上策となっています。

生徒学力向上個別指導システム

教科担当教員、教科主任、担任、コース主任、副校長との連携を密にした教育・指導体制のもとで、「生徒学力向上個別指導システム」により、模試結果から、各コース・各クラス・各生徒が今取り組むべき課題は何かを明確にし、生徒一人ひとりが取り組む受験学習を効果的にサポートします。

Return to Top ▲Return to Top ▲