閉じる
MENU
検索

特別進学コース

国公立・早慶上理を中心とする難関大学合格を目指したカリキュラムをご紹介しています。

特別進学コースについて

特進コース教頭特進コース教頭
大木 広行

特別進学コースは、「国公立・早慶上理」を中心とする難関大学受験を目指したカリキュラムで構成されています。
  2年次から特別進学SSE・SE(東大・一橋・東工大などトップクラス国公立大・早慶上理など難関私大への現役合格を目指すクラス)と特別進学E(国立・難関私大への現役合格を目指すクラス)とに分かれます。
 5教科7科目受験により、幅広い学力が試されるセンター試験に対応し、国公立大二次試験や難関私大の入試で扱われるテーマや課題を理解するには、1年次から予習・復習を中心とした学習習慣を確立し、早い時期から受験本番に向けての学習活動に専念する必要があります。そのために、本コースでは、生徒が「学習計画表」を基に受験学習の進捗状況を確認しながら、「国公立・早慶上理」大の受験を目指して、主体的に受験対策を進めていきます。
 また、教科担当教員は、大学入試制度改革への対応を視野に入れ、「先取り教育」を核とした高いレベルでの日常授業を「授業計画」に沿って展開します。
 具体的には、1年次からセンター試験対策を始め1年次の3学期には2年生0学期として基礎学力の定着を図ります。2年次には文系・理系を問わず主要科目のセンター試験対策を含めた一通りの学習を終え、2年次の3学期には3年生0学期としてセンター試験で8割の得点を可能にします。この時点から完全な受験生として明確な意識を持たせることにより、3年次には国公立大二次や難関私大の入試問題演習を中心としたより質の高い授業内容に進めます。
 これらの日常の授業と「J・スクール」、「勉強合宿」、「入試問題研究会」と様々な角度から学習を進めることにより、難関大学合格に必要な、文系・理系の垣根を超えた高い知識と学力を養い、生徒が自らの課題を見つけ、思考・判断し、主体的に学習を進める力を育成します。
 本コースでの高いレベルで取り組む戦略的進学指導対策は、「知識・技能」だけでなく、大学入学段階で求められる「思考力・判断力・表現力」を高めるための学力向上策となっています。

詳しくはデジタルパンフレット(p5~p6)をご覧ください。

3年間の学習計画表

詳しくはデジタルパンフレット(p5~p6)をご覧ください。

カリキュラム

1学年

2学年

3学年

Return to Top ▲Return to Top ▲