閉じる
MENU
検索

特別進学コース

国公立・早慶上理を中心とする難関大学合格を目指したカリキュラムをご紹介しています。

特別進学コースについて

特進コース教頭特進コース教頭
大木 広行

特別進学コースは、「国公立・早慶上理」を中心とする難関大学受験を目指したカリキュラムで構成されています。
1年の入学直後の「新入生宿泊研修」から、生徒全員で前向きな意識をもち、3年後の「目標大学合格」を目指す意識改革に取り組みます。1年次の夏には、「大学キャンパスツアー」を実施し、東大・早稲田・慶應等の難関大学を訪問し、現役の大学生と交流することにより、受験生としての意識を高めていきます。また、1年次の春休みと2年次の夏休みに勉強合宿を行い、学力を向上させます。2年次の秋を大きな切り換え期として「完全な受験生」になり、3年次に向けて学習を加速させて、「難関国公立大・難関私大」の合格を目指します。
そのためには、1年次から予習・復習を中心とした学習習慣を確立し、早い時期から受験本番に向けての学習に取り組む必要があります。
本コースでは、生徒は1年次から「学習計画表」を基に受験学習の進捗状況を確認しながら、主体的に定期考査へ向けての学習に取り組み、高いレベルの受験学習に早期から取り組んでいきます。
具体的には、1年次からセンター試験対策を始め、1年次の3学期には2年生0学期として、基礎学力の定着を図ります。2年次には文系・理系を問わず主要科目のセンター試験対策を含めた学習を終え、2年次の3学期には3年生0学期としてセンター試験で8割の得点を目指します。そして、3年次には国公立大2次や難関私大の入試問対策を中心に取り組み、質の高い受験対策に取り組みます。

3年間の学習計画表

特別進学

カリキュラム

1学年

2学年

3学年

Return to Top ▲Return to Top ▲