閉じる
MENU
検索

中高一貫コース

本校では、中高一貫6ヵ年教育で「確かな学力」と主体性を持って「生きる力」を育みます。

グローバル社会に貢献できる人材の育成を狙いとした中高6ヵ年の教育戦略

中高一貫 副校長
深町 公一

本学園の中高一貫教育は、6カ年を2年ごとの3つのステップに分けた教育指導を実践しています。
また、本学園のカリキュラムは、中高一貫の強みを生かし、英国数の主要3教科を中心に、1年前倒しの5年間で学習内容を終了するようプログラムされています。

Basic期は、大学進学に向けた学習習慣の基礎を身につけることを目的に指導を行っています。予習・復習の習慣化を図る「自主学習ノート」や、定期考査や各種検定に向けて計画的に学習に取り組む力の育成を狙いとした「学習計画表」の作成を行います。
また、Basic期は英語と数学に関して習熟度別に授業を展開し、生徒一人ひとりの学力レベルを踏まえての学力向上対策を重視した、丁寧できめ細やかな教育を行っています。

Advance期は、中・高接続期を有効活用して、学園独自のリベラルアーツ&サイエンス教育を実施しています。その一つがAdvance期の2年間をかけて取り組む「課題論文」です。自らが掲げた1テーマをその解決に向けて2年間かけて探究し、成果等を表現することは、「思考力・判断力・表現力等の能力」を育む、教科学習を超えた有効な自己啓発(開発)となります。
また、学力別クラス編成を導入することで、習熟度別指導の更なる強化を図り、生徒一人ひとりの進学目標に即した指導を実施します。

Master期は、教科担当教員、教科主任、クラス担任、コース主任、教頭、副校長との連携を密にした教育・指導体制のもとで、「生徒学力向上個別指導システム」により、模試結果から、各クラス・各生徒が今取り組むべき課題は何かを明確にし、生徒一人ひとりが取り組む受験学習を効果的にサポートし、志望大学合格へと導きます。英国数の主要3教科を中心に、高校の学習内容を高校2年生までに終了し、高校3年生の1年間で難関大学合格を目指す学習の徹底強化を図ります。

詳しくはデジタルパンフレット(p5~p8)をご覧ください。

3つのステップ

Basic期(中学1・2年)

基礎学力の確立「学び方を学ぶ」

Advance期(中学3年・高校1年)

より深い学び

Master期(高校2・3年)

大学進学の合格力養成

生徒学力向上個別指導システム

生徒一人ひとりの学力レベルを踏まえての学力向上対策を重視した丁寧できめ細やかな教育を行っています。
中高一貫生徒学力向上指導システムにより、予習・復習を含めた学習計画・検定対策のもと、教科担当教員と担任による組織的な個別指導を行っています。

中高一貫 生徒学力向上指導システム(中学)

中高一貫 生徒学力向上指導システム

中高一貫 生徒学力向上個別指導システム(高校)

各教科の指導方針

Return to Top ▲Return to Top ▲