閉じる
MENU
検索

中高一貫教育

本校では、中高一貫6ヵ年教育で「確かな学力」と主体性を持って「生きる力」を育みます。

グローバル社会に貢献できる人材の育成を狙いとした中高6ヵ年の教育戦略

t中高一貫 教頭
廣瀬 享矢

学園の中高一貫教育は、6ヵ年を2年ごとの3つのステップに分けた教育指導を行っています。

Basic(中学1・2年)期は、人としての基本的な生活・学習習慣を身につけることを狙いとした指導を行っています。殊に、コミニュケーションデザイン教育では、アクティブラーニング教育手法を連動させ、思考力・判断力・提案力を養う教育を一段と強化し、グローバル社会で活躍できる人材の基礎素養を身につけます。

Advance(中学3年・高校1年)期は、中・高接続期を有効活用して、学園独自のリベラルアーツ&サイエンス教育を実施しています。グローバル社会で主体的に生きていくための、国際社会で通用する幅広い見識・素養を身につけます。

Master(高校2・3年)期は、生徒一人ひとりの大学進学に向けて、高校2年生までに先取り教育による志望大学合格のための学力を養成します。さらに高校3年生からは、受験科目の大学入試問題演習を中心に志望大学合格へと導きます。 このように実践学園は、生徒の6年後を見据えた中高6ヵ年の教育で、生徒一人ひとりの個の力を強くし、社会環境の変化に強い、自ら成長していける人材を育んでいきます。

3つのステップ

Basic期(中学1・2年)

基本的な習慣の確立

Advance期(中学3年・高校1年)

効果的な中高接続

Master期(高校2・3年)

大学進学の合格力養成

生徒学力向上指導システム

生徒一人ひとりの学力レベルを踏まえての学力向上対策を重視した丁寧できめ細やかな教育を行っています。
中高一貫生徒学力向上指導システムにより、予習・復習を含めた学習計画・検定対策のもと、教科担当教員と担任による組織的な個別指導を行っています。

中高一貫 生徒学力向上指導システム

中高一貫 生徒学力向上指導システム

Return to Top ▲Return to Top ▲