閉じる
MENU
検索

NEWS & TOPICS

高2英語クラスアメリカ修学研修旅行2014/7/16

7月16日(水)から7月30日(水)まで高校2年英語クラスの修学研修旅行がアメリカで実施されます。現地での研修の様子をこのブログで簡単に紹介していく予定です。

FILE0003.01

FILE0002.01

 

 

 

 

 

 

 

 

7月16日(水)アメリカ生活 初日

飛行機の大幅な遅延により、アメリカ・ニューアーク空港への到着が4時間以上も遅れ、またニューアーク空港から今回の研修先のSacred Heart universityへのバス移動も道路の渋滞により遅れて、大学に着いたのはなんと夜中の12時30分過ぎでした。しかし大学のスタッフの方々は夜中まで私達を待っていてくれました。お腹の空いていた生徒達のために簡単な食事を用意してくれていて、おかげで飛行機とバスの長時間の移動により疲れていたとは思いますが、体調を崩すことはありませんでした。

 

7月17日(木)アメリカ生活 2日日

17日(木)の研修は、英語のテストから始まりました。ペーパーテストではなく、パソコンでテストを受ける形式でした。結果は夕方に早速戻ってきましたが、みなさん満足のいく結果が得られたのでしょうか?

午後はMedia Instruction(メディア・インストラクション)という授業でした。担当の教授がカメラ・マイク・モニター等の撮影機器についてわかりやすく説明をしてくれました。そして実際に生徒達がニュースキャスターのように原稿を読み、それをモニターでチェックするなど、大変興味深いものでした。

夕食は天気もよかったので、屋外でピザを食べることになりました。その後は学内での自由行動の時間。学内を散策したり、大学のスポーツ施設で運動したり、現地の子供とサッカーをしたりとそれぞれに有意義に過ごしたようです。

19時半からは実践学園生徒だけでの学習時間。本日は大学から宿題がたくさん出ました。英字新聞を読んで問題に答えるというものでしたが、難しかったようです。昨日からの疲れもどっと出たのか、眠気と戦いながら、クラスのみんなで役割分担をしてなんとか終わらせることができました。今日は疲れたのでみんな早く寝たようです。

DSC0001.01 DSC0000.01 FILE0010 FILE0009 FILE0008 FILE0007 FILE0006 FILE0005

FILE0017 FILE0013

 

7月18日(金)アメリカ生活3日目

18日(金)の午前中の研修は大学のキャンパスツアーでした。このツアーは実践学園の生徒のためだけのツアーというわけではなく、Sacred Heart Universityに興味のあるアメリカの受験生・あるいは留学生のためのツアーです。日本の大学の「オープンキャンパス」に相当するものです。実践生は事前に特別レクチャーを受けた後、そのツアーに参加しました。日本人用のツアーではないので英語が相当速く、またいろいろな情報を一気に伝えてくるのでかなりハイレベルだったと思います。しかしながらクラスのみんなで楽しみながらなんとか乗り切っているようです。生徒達はアメリカでの研修がとても楽しいと言っています。

昼食後、生徒たちは留学生用の英語の授業(ESL)を受講しました。放課後にはみんなで近くのショッピングモールに買い物に行きました。シャンプーや石鹸、洗剤、洗濯物を干すためのハンガー等、買いたいものがいろいろと出てきているようでした。

FILE0001.01 FILE0000.01 FILE0002.01 FILE0003.01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月19日(土)アメリカ生活4日目

本日は土曜日なので授業はありませんでした。学内のカフェテリアで朝食をとった後、昨日に引き続き地元のショッピングモールにバスで行きました。前日と違ってこの日はたっぷりとショッピングする時間があり、昼食は各自で好きなものをモール内のフードコートで食べました。中華料理、お寿司やお弁当、サンドイッチ、マクドナルド、スターバックス、その他いろいろありましたが、何を食べたのでしょうか?

大学に戻ってきてからは学内での自由時間。学内でバスケットボールをしたりスポーツジムで運動したり、ラウンジでビリヤードをしたり、それぞれ過ごしていました。

夜は学内のシアタールームでDVDを見ました。日本から持ってきたDVDはアメリカでは見ることができないので、アメリカで販売されているものをこちらのスタッフに借りて見ることになりました。しかし日本語の字幕は当然のことながらありません。英語の音声、英語の字幕で2時間半見て、たっぷりと英語のシャワーを浴びました!

FILE0011.01 FILE0008.01 FILE0006.01 FILE0005.01 FILE0004.01

 

7月20日(日)アメリカ生活5日目

今日は朝食を学内でとった後、8時過ぎに大学を出発してバスでニューヨーク観光へ行きました。ニューヨークではセントラルパーク、ダコタハウス等を車窓から見学したり、実際にバスから降りてタイムズスクエアやロックフェラーセンター周辺の散策をしました。昼食は中華街でみんなで一緒に食べました。昼食後は自由の女神を見るクルージングツアーに参加しました。クルージングツアーでの説明はすべて英語なので理解するのが大変だったと思いますが、船の上からニューヨークの街や自由の女神を見て、みんな楽しめていたようです。

FILE0041.01 FILE0037.01 FILE0033.01 FILE0031.01 FILE0027.01 FILE0025.01 FILE0022.01 FILE0019.01 FILE0016.01 FILE0013.01

 

7月21日(月)アメリカ生活6日目

今日は午前も午後もESL(留学生用英語)授業の日です。生徒にとってはまる1日英語づけなので厳しい勉強になるかと思われましたが、指導者のStirling教授は、日本に4年間いらっしゃった日本通のベテランでもあったためか、本校の生徒を上手にリードしてくださり、充実した英語授業となったようです。少し授業を拝見したところ、コネチカット州の地理・歴史・その他の特徴などをスライド等で説明していました。生徒たちはとてもためになり分かりやすくて楽しかったと言ってました。

ESL英語の授業が終わった後は学内での自由行動。生徒たちは今、学内のラウンジでビリヤードをするのがとても楽しいようです。

夜の実践学園生徒だけでの学習時間では、ハリー・ポッター(洋書)朗読CDを聞きながらのリーディングとそれに関する英問英答式クイズを行いました。今回の朗読CDを流した時間はおよそ25分でしたが、集中力を切らさずにリスニングしながらリーディングできていたと思います。アメリカに来てから速い英語を長時間聞くことが多い中、短時間でのリスニングでしかもその原稿が手元にあるというのは、なんだかありがたい気がしました。

FILE0000.01 FILE0001.01 FILE0004.01 FILE0005.01 FILE0006.01 FILE0007.01

DSC0000.01 DSC0001.01 DSC0002.01

 

7月22日(火)アメリカ生活7日目

今日も午前と午後がESL(留学生用英語)の授業の日でした。放課後は大学スタッフの子供たちとその友達が生徒たちと交流するために来てくれ、一緒にバレーボールやバスケットボール、ビリヤードをすることになりました。アメリカに来てからずっと天気が良く、過ごしやすい日が続いていましたが、今日は暑かったです。

大学スタッフのお子さん達は14~16歳ぐらいで、実践生よりも年下です。夜もスタッフと一緒に寮に来てくれて、一緒にボードゲーム等をして交流しました。

FILE0000.01 FILE0001.01 FILE0002.01 FILE0003.01 FILE0004.01 FILE0005.01 FILE0006.01 FILE0007.01 FILE0008.01

 

7月23日(水)アメリカ生活8日目

今日は今回のプログラムをコーディネートしているスタッフの娘さんたちと一緒にカフェテリアで朝食を食べるところから研修が始まったような感じでした。昨日から行動を一緒にしているので、生徒たちはかなり仲良くなっていました。

午前中は大学の隣にあるノートラダム・ハイスクールを訪問しました。夏休み中なので学校にはほとんど人がいませんでしたが、私たちの案内をしてくれる学生が数名おり、スタッフの娘さんたちも一緒にハイスクールの見学をしました。

昼食をみんなで一緒にとった後は近くの博物館に行きました。博物館の内容よりもむしろ、新しくできたたくさんの友達と一緒に行動することがより面白かったのかもしれません。ただし、彼女達はとても元気がよく、ずっと英語で話さなければならないので、楽しいけど疲れる と話していました。英語の筋肉痛みたいなものでしょうか?

FILE0000.01 FILE0001.01 FILE0002.01 FILE0003.01 FILE0004.01 FILE0005.01 FILE0006.01 FILE0007.01 FILE0008.01 FILE0009.01 FILE0010.01

 

7月24日(木)アメリカ生活9日目

本日は午前中、1時間ほど大学からすぐ近くの老人ホームを訪問しました。お会いしたご老人たちはとても喜んでくれ、昔の軍隊時代の話や日本に行った時の思い出話や、孫の自慢話など・・・ご年配の方とも英語で接することができました。特に印象的だったのは、車椅子のご婦人が「自分は日本に行くことはできなかったけど、憧れの日本からこうして高校生が会いに来てくれてとても嬉しい」と言い、いつも持ち歩いている浮世絵や盆栽の写真を見せてくれた後、生徒の手を取って、「これからも日本の外に出て、色々な人に会って勉強してください・・・頑張って」と見送ってくれたことです。

今日はこの訪問時からほぼ1日、ブラジルからの留学生が一緒に行動してくれました。彼は奨学金をもらってこの大学に留学に来て4ヶ月になるそうですが、英語がとても流暢です。21歳ですが、驚いたことに彼は英語の学習についてはこれまで映画や音楽等を通じてほぼ独学でやってきたとのことでした。彼は非常にフレンドリーで、生徒に非常にいい影響を与えていると思います。

午後は近くのスーパーへショッピングと夕方からゴルフレッスンを受けました。ブラジル留学生の他にも大学スタッフの息子さんたちも参加してくれ、英語を話しながら楽しむことができたと思います。

夜は大学からの宿題をコモンルールや自分達の部屋でやりました。楽しみながら英語の勉強をがんばっています。

FILE0000.01 FILE0001.01 FILE0002.01 FILE0003.01 FILE0005.01 FILE0006.01 FILE0007.01 FILE0008.01 FILE0009.01 FILE0010.01 FILE0011.01 FILE0012.01 FILE0013.01 FILE0014.01 FILE0015.01 FILE0017.01 FILE0018.01 FILE0019.01

 

7月25日(金)アメリカ生活10日目

今日の午前中の授業はESL。映画「Frozen」(邦題「アナと雪の女王」)を英語の音声・英語字幕で鑑賞した後、それに関する質疑応答。興味を持って鑑賞することができたようです。でもシアタールームはクーラーが効き過ぎてそれこそ凍えるような寒さでした。

午後はESLとグラフィックデザインの授業。そして放課後はバスでショッピングセンターへ。昨日に引き続き希望者のみ参加ということでしたが、今日も全員が行きました。カフェテリアの閉店が早いために夕食を5時半頃に食べるため、8時頃になるとみんなお腹が減るようです。カップラーメンのようなものを買っている人が多かったです。大学内のお店で買えればいいのですが、夏休み中ということもあり開店しているのはごくわずかで、夜は閉まっています。

今日も昨日と同じようにこちらのスタッフの子供のマシュー君が授業やショッピングに一緒にきてくれました。生徒たちは英語でコミュニケーションをとることにずいぶん慣れてきているような感じがします。ラウンジでビリヤードをしてよく遊んでいますが、ビリヤードの腕も最初のころに比べるとずいぶん上がっているようです!

FILE0000.01 FILE0001.01 FILE0002.01 FILE0003.01

 

7月26日(土)アメリカ生活11日目

この週末はアメリカ東部の歴史と文化を学ぶために校外に出ました。

26日(土)はFairfieldの中心街にバスと電車に乗って行き、Sidewalk Saleと呼ばれる街をあげてのガレージセール兼夏祭りのような行事を見てきました。Fairfieldは今年街ができて375周年記念で、あちこちに国旗が出てたり、宣伝用の旗や看板が出ていました。生徒は日本食やアイスクリームを食べたり、フェイスペイントをしたり、海にも行ったり、また、アメリカの豪邸街を通り、悲鳴のような声をあげて感激・感動していました。

FILE0000.01 FILE0001.01 FILE0002.01 FILE0003.01 FILE0004.01 FILE0005.01 FILE0006.01 FILE0007.01 FILE0008.01 FILE0009.01

DSC0000.01 DSC0001.01 DSC0002.01

 

7月27日(日)アメリカ生活12日目

今日はマサチューセッツ州にある Sturbridge Villageという歴史村にバスで行ってきました。コーディネートしてくれているスタッフのスザンヌ一家とキャシー親子が加わり、色々な話をしながら、生徒は1800年代のアメリカの歴史を勉強しました。当時の水車小屋、農家の生活、鍛冶屋、牧師館、印刷業者、ハーブ農園などがあって、そこで働く人々が当時のコスチューム姿で喋り方や仕草等も交えた演出をし、とても楽しく勉強できました。

アメリカに来てからずっと晴れていましたが、今日は雨が降ったりやんだりしていました。キャシーさんたちは雨にぬれる生徒を気遣ってポンチョを買ってくれました。実践生はとてもpoliteで大好きだとほめてくれます。引率教員としてとてもうれしく思います。

FILE0023.01 FILE0022.01 FILE0021.01 FILE0020.01 FILE0019.01 FILE0018.01 FILE0017.01 FILE0016.01 FILE0015.01 FILE0014.01 FILE0012.01

 

7月28日(月)アメリカ生活13日目

今日は朝から午後2時まで生徒たちに人気のStirling教授のESL。ジュニアTOEFLテストを受けて、成績優秀者はTシャツとTOEFLの解説書をいただきました。そして3時から修了証書授与式があり、この2週間の感想を一言ずつ述べたり、思い出のスライドを見たりしました。

放課後は荷造り。マシュー君とマシュー君のお母さん(SHU大学院教授)が寮にお別れを言いに来てくれました。2人は生徒たちにいつもフレンドリーで、私たちの家族のような存在でした。また会えることを楽しみにしています。

明日は朝7時に寮を出発してニューアーク空港に向かいます。2週間滞在したこの寮とも明日の朝でいよいよお別れです。生徒たちは事故や病気や怪我もなく、みんなで楽しみながら多くのことを学び、充実した研修を送ることができたと思います。生徒たちの今後が楽しみです。

FILE0001.01 FILE0002.01 FILE0003.01 FILE0004.01 FILE0005.01 FILE0006.01 FILE0007.01 FILE0008.01 FILE0009.01 FILE0010.01 FILE0011.01 FILE0012.01 FILE0013.01 FILE0016.01

以上。このブログもこれが最終回になると思います。最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Return to Top ▲Return to Top ▲